Entries

小趾の付け根のシェル加工 続編。

今日は偏平足のパターン。

17Apr0110000000000000000007.jpg

昨日のハイアーチとは

逆のパターン。


まず

足の動きを考えないとね。

踏み込むと

爪先がシェーレンする、

土踏まずが沈下する。

内踝がインサイド側に移動する。

土踏まずの部分の壁面がインサイド側に移動する。


これ

全て

踵の外反、回内の動き。

これは

シェルでは防げないし

防ごうとすれば

痛みはあるし

踏み込みにくい。

インサイドの壁の加工は必要だけど

インソールのサポートなしでいると

足は、好きなように動いちゃう。

だからカスタムインソールが重要。


まずサポートの素材。

アーチが下がらないようにする。

踵が外反しないようにする。

これ2点ね。

バキュームでのかたどりでは、

アーチを持ち上げる。

踵の内反の方向に導く。

これも2点。

内反よりはシンプルだよね。

じゃ小趾のとこね。

偏平足で幅広であれば

小趾側とともに

母趾丘側も広げる。

爪先が外側に行かないようにね。

突起があれば、

ポイントで処理する。

削るとかね。

インサイドのカーブは

インソールで補正したカーブにあわせる。

広げすぎてもだめなんだよん。

真下で踏めるようにね。

ローアーチは

この

インサイドの処理と

土踏まずを強化したインソールがミソ。

踵の外反の動きを止めるには

フォーミングも有効ね。

オフセットのあるシェルは

そんなに重要ではない。

内側にねじれているような状態の足を

インソールで

外側にねじるような構想なので、

膝の間隔は広がっていく、

だから

カントはマイナス方向になると思うよ。

プラス方向は

外反の骨格になる。

外反の足に、

外反のカントでは、

さらに

外反に導くわけだからね。





このバナをポチれば

どうなるものか

危ぶむなかれ

危ぶめば道はなし

踏み出せば

その一ポチが道となり

その一ポチが道となる

迷わずポチってよ

ポチればわかるさ

ありがとう!


人気ブログランキングへ
関連記事

Appendix

プロフィール

てんちょ~@eskimore

Author:てんちょ~@eskimore
******
ブーツチューンのエスキモーの
てんちょ~のぶろぐへようこそ。
ブーツチューンのねた、
インソールのねた、
足のねたなど
日々の足ねたをアップしていきます。

Instagram

instagram eskimorefit
  • eskimore home
  • 映えねぇよ。

    ブログランキング

    ブログランキングは、
    右こぶしに全体重をのせ
    まっすぐ
    目標をぶちぬくように
    打つべし!

    ブログの突破口を開く為、
    あるいは敵の出足を止める為、
    左パンチを小刻みに打つ事。
    この際、
    肱を左脇の下から放さぬ心構えで、
    やや内角を狙い、
    えぐり込むように打つべし。
    正確なジャブ三発に続く左パンチは、
    その威力を三倍に増すものなり。

    最近のねた

    こよみ

    ねたをあげた日
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    月別ねた!

    てんちょ~にメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    天気予想


    -天気予報コム- -FC2-

    携帯さ~ん!

    QR
    携帯でネタをみる!

    いらっしゃ~~い

    since 2006-07-20 18:01:39

    今いる人

    今日のかぐら&田代だよ!

    検索フォーム

    RSSリンクの表示