Entries

テレマークスキーと山スキー


今日はちょいとかわったブーツねた。
まず、テレマークスキー。


24july07001.jpg


テレマークのブーツは、よく見るのは
ガルモントやスカルパのブーツ。
最近はどちらもサーモのインナーブーツ装備。
随分合わせやすくなりましたし、軽量化にもなってるのでしょう。
で、サーモといえばカスタムインソールの出番。
更にシェルの加工もやっちゃいます。
1枚めの写真はスカルパのT1-R。
3ピースのシェルは、横方向にシェルを広げると、
上のほうが狭くなろうとします。
それで、コーヒーのビンがささってます。
そして、インソールを仕上げていざサーモの成型です。



24july07002.jpg


最後は山スキー用のブーツ。
ガルモントのアドレナリンです。
このブーツは、靴底が交換できて登山&山スキーとアルペンのスキーと
両方楽しめます。
標準装備はサーモインナーですが、
このパターンはフォーミングです。
最近ネーチャースキーがはやっていますので、
スキーヤーが山スキーを楽しんでます。
普通のアルペンスキーの経験があると、
どうしても、山スキーのブーツ(兼用靴と呼んでいます。)では、
思うような操作性やフィット感が得られないようです。
そこで、フォーミングの以来がやってきます。



24july07003.jpg


登山の人が、スキーをする場合はサーモインナーでも割と満足してもらえますが、
アルペンのスキーヤーは満足できないようです。
このブーツはあくまでも、登るのがメイン。
滑るのはオマケなんだそうで・・・
何年か前に友人が8千メーター級の登山と山スキーで、
この手のブーツを持ってきました。
さすがにゆるいんだそうです。
普段はアルペンスキーでラングを履いてます。
フォーミングと言われましたが、
話を聞くと6千メーターのベースキャンプで、
何日か天候回復のウェイティングで滞在しているだけで、
体がむくんでくるんだそうです。当然足もむくむでしょう。
で、結論はフォーミングはやめてもらいました。
一度むくんだら下山しないと回復しないかも・・・
ブーツを脱いだらもう履けないかも?と判断しました。
インソールとサーモ加工と踵周りのパッティングで処理しました。
結果。無事山頂登頂。下山の時、山スキーを堪能したそうです。
しかし、なんちゅ~冒険な友人がいるんでしょう。
その後マッキンリーにも登り&滑り。
更には南極にまで行って登山&山スキーをしたそうです。


ちなみに、テレマークでもフォーミングする場合があります。
あ!今日もオチがなくなっちゃいました。

関連記事

Appendix

プロフィール

てんちょ~@eskimore

Author:てんちょ~@eskimore
******
ブーツチューンのエスキモーの
てんちょ~のぶろぐへようこそ。
ブーツチューンのねた、
インソールのねた、
足のねたなど
日々の足ねたをアップしていきます。

Instagram

instagram eskimorefit
  • eskimore home
  • 映えねぇよ。

    ブログランキング

    ブログランキングは、
    右こぶしに全体重をのせ
    まっすぐ
    目標をぶちぬくように
    打つべし!

    ブログの突破口を開く為、
    あるいは敵の出足を止める為、
    左パンチを小刻みに打つ事。
    この際、
    肱を左脇の下から放さぬ心構えで、
    やや内角を狙い、
    えぐり込むように打つべし。
    正確なジャブ三発に続く左パンチは、
    その威力を三倍に増すものなり。

    こよみ

    ねたをあげた日
    04 | 2020/05 | 06
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    月別ねた!

    てんちょ~にメール

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    天気予想


    -天気予報コム- -FC2-

    携帯さ~ん!

    QR
    携帯でネタをみる!

    いらっしゃ~~い

    since 2006-07-20 18:01:39

    今いる人

    今日のかぐら&田代だよ!

    検索フォーム

    RSSリンクの表示